2022.07.04コラム
【岡山】ゴミ屋敷の片付け・掃除を業者に頼む基準とは?おすすめ清掃業者一覧

一口にゴミ屋敷といっても、その状況や規模は様々です。「どの程度の規模であれば、自力で清掃が可能か」という目安を理解しないまま一人で清掃を始めると、作業が大変で、いつ終わるかわからないという途方もない状態に陥ってしまうことがあります。そうならないためには、まずは自力で対応できるか、業者に依頼したほうがよいかどうかについて、正しく判断することが重要です。

今回の記事では、ゴミ屋敷の掃除を自力でできる場合とそうでない場合について、岡山県にあるゴミ屋敷清掃業者がわかりやすくご紹介していきます。ゴミ屋敷の清掃でお悩みの方は、自身の状況がどの範囲に当てはまるかをチェックしてみてください。

自分でゴミ屋敷を掃除できる範囲とは?

ゴミ屋敷を清掃する際、どの程度の状態であれば自力で掃除が可能なのかを簡単にご紹介します。

可燃ごみや不可燃ごみが中心の場合

自分でゴミ袋を用意し、その中に収まる範囲であれば自力でも簡単に作業ができます。具体的なごみの種類は、紙類・ペットボトル・空き缶・プラスチックゴミ・雑誌などです。大量の衣類も、ごみ袋を多めに用意すれば対応できます。

物置部屋となっている場合

部屋の中が物置状態になっている場合も、時間をかければ一人で掃除が可能です。

ワンルームおよび1Kの場合

ワンルームおよび1Kの間取りの場合は物置部屋よりも時間がかかりますが、自力でも十分に掃除が可能です。

2Kおよび3Kの場合

2K、3Kの間取りになると一日で掃除を完了するのは難しくなりますが、日数をかければ自力でも可能です。また、間取りは広くても、ゴミ屋敷が特定の一部屋のみに限定される場合も自分で対応できます。

岡山でゴミ屋敷の清掃・片付けにお悩みなら、代行業者のAKASHI ~証~へ一度ご相談ください。AKASHI~証~では遺品整理や生前整理の他、ゴミ屋敷や空き家の掃除・片付けのご依頼にも対応しています。

一人で対応できる範囲ではないと判断した場合は、ぜひ岡山のAKASHI~証~へお問い合わせください。

ゴミ屋敷の清掃を業者に依頼するのはどんなとき?

ゴミ屋敷の清掃を業者に依頼したほうがよいケースをご紹介します。

戸建てや4DK以上の場合

一軒家がまるまるゴミ屋敷であれば、一人で作業するのは極めて困難です。戸建て住宅、4DK以上の居住形態では、一人で掃除を始めてもいつ終わるか先が見えません。この程度の広さになると、友人や家族に手伝ってもらうか、プロの業者に依頼するのが一般的です。

ゴミが室外にも溢れている場合

ゴミが室内だけではなく、室外にも溢れている場合も一人での清掃は困難になります。また、室外までゴミが溢れていると近隣の住人から苦情がくることもあるため、できるだけ早急な対応が必要です。この場合は清掃をプロの業者に一任したほうが安心かつ確実ですので、すぐにプロの業者に問い合わせてみましょう。

水回りが機能していない場合

ゴミを片付けたあとに同じ家に住む場合、水回りが機能しているかどうかは非常に重要なポイントです。たとえゴミをすべて片付けたとしても、水回りが機能していなければ生活していくのは困難になります。もしも水回りが機能していない場合は、ゴミ屋敷の清掃とあわせて水回りの整備もしてくれる業者に依頼するのがおすすめです。

岡山でゴミ屋敷の清掃・片付けを依頼するなら、ぜひAKASHI~証~へお任せください。ご依頼者様に寄り添った対応を心がけているため、安心してお任せいただけます。

岡山のゴミ屋敷片付け業者!おすすめ5選

岡山県内で活動するゴミ屋敷清掃業者を5社ピックアップしてご紹介いたします。業者ごとの特徴をまとめていますので、ゴミ屋敷の片付けを依頼する際は、ぜひご参考ください。

岡山でゴミ屋敷の片付けにお困りの方はプロにお任せを!

規模が大きいゴミ屋敷の場合、無理に一人で清掃を行うのはおすすめできません。時間・労力がかかる点から見ても、自力での対応にはやはり限界があります。

費用はかかってしまいますが、規模が大きなゴミ屋敷の清掃はプロの業者に依頼するようにしましょう。プロの業者であれば、基本的に一日ですべての清掃を完了してくれます。

岡山を中心に営業するAKASHI~証~では、一般整理・片付けの他、大規模なゴミ屋敷清掃の代行業務も行っています。岡山にてゴミ屋敷でお困りの人は、ぜひAKASHI~証~へご依頼ください。